iphone ホームボタン 連打される

ホームボタン操作などを画面タッチで行う(AssistiveTouch) ホームボタンや音量などのボタン操作や複雑なタッチ操作などを、画面上に丸いメニューを表示させてかんたんに行えるようサポートする機能(AssistiveTouch)についてご案内いたします。 従来のホームボタンがあるiPhoneではホームボタンをトリプルクリックで起動でした。 iPhone Xのようにホームボタンがない機種だと電源ボタン(サイドボタン)をトリプルクリックに変更されています。 このショートカット機能をうまく使えば、iPhone・iPadの操作がまたちょっと面白くなります。 ホームボタンをダブルタップ(すばやく2回押す)すると、マルチタスク画面が表示されます。 なおマルチタスク画面はホーム画面やアプリ起動中(ロック画面以外)に表示することができます。 関連:ホームボタンのダブルクリックがうまくできない時は . ホームボタンをカスタマイズする方法③:Assistive Touchを活用する. 本体の正面ほとんどを有機ELディスプレイで覆った「iPhone X」。iPhoneの大きな特徴だった「ホームボタン」の廃止で、操作はどう変わるのか。 画面上にホームボタンを作ってしまう方法です。 物理的なホームボタンを搭載していた頃のiPhoneはホームボタンが故障してしまい、この機能に頼った人も多いのではないでしょうか。 「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」には画面の一番上が届かないであろうユーザーのためにホームボタン2回タップで画面が降りてくる「Reachability(簡易アクセス)」という機能を用意してある。本記事ではこの新機能の使い方と、有効・無効にする方法を紹介する!

ホームボタンを押すたびにカタカタと振動がフィードバックされるのを苦手な人もいるかと思います。今まで物理ボタンを使ってきたらなおさらですね。 そこでiPhone7のホームボタンを押してもカタカタと音を鳴らさない設定方法を紹介していきます。