This context pagecontext web absoluteurlチャットワーク 認証コード メール

あれ?このコードの方が長く見えますね。しかし、同じ動作の繰り返しが精神的に疲れるので、コードで書いて動くと格別です。 ※手で入れるときは10個位で疲れますが、ある意味いくつでも設定できます。上記は26個までの往復51個設定しています。 Webアプリケーションのコードでejb1.jar内のEJBを使用できるようにするには、Java EE標準のWebアプリケーション・デプロイメント記述子web.xmlに、JARファイルを参照するejb-linkと、呼び出されるEJBの名前を含むejb-refスタンザが含まれている必要があります。 pageContextが渡ってきてるのがわかります。 ここにはcreatePageのcontextに設定したデータが入ってきます。 従って、pathSlugが入っているはずです。 このデータを活用してページを作成するために、template側を修正する必要があります。 This document is a resource for software developers who develop Web applications and components such as HTTP servlets and JavaServer Pages (JSPs) for deployment on WebLogic Server 12.1.3.