Dsmod user パスワード変更

例:ユーザー(komanosuke@netmanage.jp) にパスワード変更を強制する dsmod user "CN=Komanosuke,CN=Users,DC=NetManage,DC=jp" -mustchpwd yes ちなみに dsmod コマンドなら、パスワードのリセットと変更の強制を一度の設定 できます。 dsmod user "CN=Komanosuke,CN=Users,DC=NetManage,DC=jp" -pwd PASSWORD -mustchpwd yes.

-- ユーザーのパスワードを変更する ALTER USER {ユーザー} IDENTIFIED BY {変更後のパスワード}; 例1.satouのパスワードを変更するSQL-- satouユーザーのパスワードをpass1へ変更する ALTER USER satou IDENTIFIED BY pass1; 上の例ではSATOUのパスワードをpass1に変更しました。変更する前のパスワードは不要です。 以上、Oracleユーザーのパスワードを変更するSQLでした。 ユーザー(USER) … パスワード変更の最大日数を指定します。最大日数を過ぎるとユーザーに警告が表示されます。このオプションは rootのみが使用できます。 使用例. MCP70-290の … パスワードを変更すると、ログオン処理が続行されます。 サービスのユーザー アカウントを変更した場合は、そのユーザー アカウントで認証されるサービスを再設定する必要があります。 注: このコマンドの完全な構文や、その他のユーザー アカウント情報を入力する方法の詳しい情報を入手するには、コマンド プロンプトで「 dsmod user /? 項目4-1. CSVファイルの作成. 例:ユーザーアカウント「testUser」をOU「TestOU」内にグループ「testGroup」に所属した状態で作成する ドメイン名は「test.local」dsadd user "CN=testUser,OU=TestOU,DC=test,DC=local" -upn testUser@test.local -fn 太郎 -ln 山田 -display "山田 太郎" -pwd Hoge5678 -memberof "CN=testGroup,OU=TestOU,DC=test,DC=local" -pwdneverexpires yes主なオプションの説明(上記例文 … ユーザーのパスワードはデフォルトのセキュリティポリシーでは複雑なパスワードを必要とします。(セキュリティポリシーの変更で、無効にできます。)ここではポリシーに対応するために8文字以上で、記号と数字を含んだパスワードを指定しています。 4-2.