茶道で 使う 言葉

茶道を習う上で、大切な言葉の2つ目の紹介です。「和敬清寂」という言葉は茶道の精神、そのものを表しています。また一つ一つの言葉に意味があり、茶道が華美になっていくのを防ぐ、千利休の戒めの言葉とも言われています。 茶道で季語というと、ちょっと違和感を持つ方もいるかもしれませんね。季節感を大切にする茶道の世界では、茶杓や茶碗の「銘」には季節に関する言葉をつけてその季節に合ったお道具を取り合わせるのです。茶道でよく使う季節の言葉を お茶を一服頂く際、円滑に進行する為に、亭主と客は決まったタイミングで挨拶のフレーズをお互いに述べます。このフレーズは、簡潔ながら思いやりを感じる美しい言葉です。慣れないうちは、決まり文句として暗記してしまうことが多いのですが、ぜひ、日常の生 茶道はもともと「お茶と禅宗の融合」をテーマに、室町時代に普及したお茶の文化です。ですので、茶道の中にはお茶の淹れ方や作法だけではなく、禅宗の教えが含まれていると言えます。禅宗の教えは「禅語」としてもまとめられており、この中にはお茶に関する内容も多く登場します。 茶道は日本を代表する文化・芸術のひとつですよね。しかし、この茶道を英語で外国の方に説明することが出来る人は少ないのではないでしょうか。今回このブログでは、茶道を少しでも英語で伝えることが出来るよう、茶道に関する知識や英単語をご紹介します! 茶道をやっていると、床にある書・禅語はいつもストレートにわが身を問うてきます。言葉の持つ重みは、その茶室に明確な意図を持たせるのです。季節によって使われるものが違う12か月の禅語を知っておくと、 茶席でもとても役に立ちます