ラベンダーは な も いわ

富良野では4種類「ようてい」「はなもいわ」「濃紫3号」「おかむらさき4号」のラベンダーを主として栽培しています。その中でも、「濃紫3号」と「おかむらさき」は栽培面積が最も多く、一面咲き誇ると紫色のじゅうたんを敷いたような風景が見られます。 ラベンダーの仲間. ラベンダーの種は2週間ほど冷蔵庫で冷やしてから土にまけば、発芽率が上がるといわれています。 ラベンダーの種まきに最適な時期は4~5月であるため、逆算して必要な準備を行うようにしましょう。 ラベンダーの精油は、とても繊細であるため肌に優しく、炎症やかぶれに効くといわれています。そんなラベンダーの特性から「繊細」という花言葉がつきました。優しく包んであげたいような相手に対してぴったりの花言葉です。 フレンチラベンダーの育て方です。ラベンダーの中では暑さに強く、暗い場所でも育てやすい品種です。他のラベンダーとの違いは、花の先端に紫紅色の葉っぱをつけ、草全体が薄い毛で覆われている点とスパイシーで刺激的な清涼感のある香りです。 ヘテロフィララベンダーのこと。四季咲きで丈夫だといわれます。背丈が高くなります(1メートル)。香りが甘くて強いところがスパイクラベンダーに似ているといわれます。姿形はトゥルーラベンダーに似ているといわれます。濃い紫色。 ハーブの女王といわれているラベンダー。癒しの効果のある香りと可憐な花姿は世界中から愛されています。ラベンダーは種類によって特徴も様々。今回はラベンダーの使い方とともに、これからガーデニングを始めたい方に簡単な育て方もご紹介したいと思います フレンチ・ラベンダーなどストエカス系のラベンダーは平地の季候でもよく育ち大株に育ちものが多く、花壇にも適しています。 花穂の切り落とし 花が満開になる前に、収穫も兼ねて花穂を切り落とします。ずっと花を見ていたいですが、これは株の消耗を軽減するために必要な作業です。ラ� 北海道のラベンダー畑でおなじみのラベンダー。その中でも特に香りがよく代表的な種類といわれるのがイングリッシュラベンダーです。 今回はそんなイングリッシュラベンダーについて他の種類との違いや剪定方法など育て方をご紹介します。

ハーブの女王とも呼ばれるラベンダー、涼やかな花色は初夏の魅力です。最もラベンダーらしいといわれるコモンラベンダー、暑さに強いラバンディン系、包葉が可愛らしいフレンチ系、その他の種類に大きく分かれます。