フラット35 子育て 支援型 条件

2020年5月15日 【フラット35】子育て支援型・地域活性化型の 連携地方公共団体一覧チラシ(東北6県)はこちら; 2020年4月1日 【秋田県からのお知らせ】令和2年度住宅リフォーム推進事業について; 2020年4月1日 【秋田県からのお知らせ】「けまない団地」宅地分譲中! フラット35の優遇プランの1つである、子育て支援型について説明しています。子育て支援型を利用するために必要な条件やメリットについて説明しています。

フラット35にて、子育て世代のマイホーム購入を応援する、とてもお得な金利優遇があります。住宅ローンを借りてから当初5年間、フラット35の金利から0.25%引き下げる制度、「フラット35 子育て支援型」です。今回はこちらの制度についてザク男爵さんに詳しく解説していただきます。 フラット35子育て支援型・地域活性化型とは、「住宅金融支援機構」と連携している「地方公共団体(地域)」で物件を購入すると、通常のフラット35の金利から年0.25%が5年間引き下げになり、補助金などの支援も受けられるお得な制度のことです。

長期固定金利型住宅ローンの[フラット35]。2017年4月から優遇を受けられる対象者がさらに広がる制度改正がなされた。その中から「子育て支援型」と「地域活性型」を紹介する。利用するための要件等を整理していこう。

「【フラット35】子育て支援型利用対象証明書」発行条件 ※下記(1)と(2)を満たす必要があります。 (1)住宅の取得完了後、埼玉県多子世帯向け中古住宅取得支援事業の補助金を受ける予定であること。 子育て支援に積極的な地方公共団体 ※ のマイホーム取得者に対する財政的支援とセットで、【フラット35】の当初5年間の借入金利を年0.25%引き下げる制度です。 【フラット35】地域活性化型とは 住宅ローンの「フラット35」について。フラット35とは、住宅金融支援機構と銀行が提携した商品であることや銀行の住宅ローンの違いを説明をした上で、審査内容の条件や金利、メリット・デメリット、利用するのにおすすめな人など初心者にわかるように解説しています。 【フラット35】子育て支援型とは.