トーションビーム 式 ダブル ウィッシュ ボーン式

トーションビーム式とダブルウィッシュボーン式では、使うアイテムが全然違います。 フムフム。 トーションビーム式の20アルファード世代までは、リアアクスルキットで車高を落としたりキャンバー角を付けたり、といったことができました。 大きくわけて「独立懸架」と「車軸式」があるクルマのカタログスペックを眺めていると、様々なサスペンション形式があることに気付く。マクファーソンストラット、ダブルウィッシュボーン、マルチリンク、トレーリングアーム、ド・ディオン、トーションビーム… ダブルウィッシュボーンとかマルチリンクとか トーションビームとかリアサスの形... 更新日時:2019/10/27 回答数:6 閲覧数:125; 新型アクセラが発表されましたが、リアサスがトーションビーム式なのは何故ですか... 更新日時:2018/11/28 回答数:20 閲覧数:2254 (ダブルウィッシュボーンは、左右それぞれに独立した構造をもつ「独立懸架式」に分類されます。)構造が一番単純でコストも安く、省スペース性にも優れていることから、軽自動車から普通乗用車まで幅広く採用されています。 ダブルウィッシュボーンにホイールコントロールの機能を加えたものがマルチリンク(独立)です。 (日産のマルチリンクビーム式は、ダブルウィッシュボーンとは全くの別物です。あれは独立式ではありません。トーションビームリアサスに近いものです。 クルマのサスペンションといえば、真っ先に思い浮かべるのがスプリングとダンパーだろう。しかし、サスペンションはそれだけではなく、車体とつなぐアームなどとセットになっている。それにはさまざまな種類があるのだが、あらためてその種類と効果を紹介しよう。

種類や形式もいろいろあって面白いサスペンション。でも、本当にダブルウイッシュボーンがよくてトーションビームはダメなの…?「いいサス」についてHondaのエンジニアと解き明かしましょう!