しらさぎ 米原 座席

特急しらさぎを実際に訪れた旅行者が徹底評価!日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルで特急しらさぎや他の交通施設のクチコミをチェック! 特急しらさぎは金沢で4位の乗り物です。

皆さんこんにちは!! 今回はjr西日本の特急しらさぎ号の紹介です。特急しらさぎ号は金沢駅⇄米原駅・名古屋駅を結ぶ特急列車です。米原⇄名古屋間はjr東海管内のためjr西日本と東海の2社を跨いで走行する特急列車です。今時この運行形態はかなり珍しくなってます。

概要.

特急しらさぎのおすすめ座席. しらさぎとは、jr西日本とjr東海が運行している特急 列車である。. 1964年 12月25日に「雷鳥」と共に交直流特急として運転を開始した。 当初は10月1日の予定だったが481系の落成が遅れた為に延期となり、それまでは「運休扱い」だった。. (電源席は、名古屋・富山向きで1番abc席。米原向きで10番abc席。いずれもc席が1人掛け。列車は上下とも米原で進行方向が変わります。) 全席禁煙となっていますが、今回の「しらさぎ」用の683系では、2号車寄りに「喫煙コーナー」が設置されました。 しらさぎは、西日本旅客鉄道(JR西日本)および東海旅客鉄道(JR東海)が名古屋駅・米原駅 - 金沢駅間を東海道本線・北陸本線経由で運行する特別急行列車である。 本項では、中京圏と北陸地方を北陸本線経由で結んでいた優等列車(米原駅発着を含む)の沿革についても記述する。 富山行き「しらさぎ」が名古屋を出るとき、座席は進行方向 に向かっており、米原で向きを変えるように言われますが、 変えなくても問題ありません。 米原駅のしらさぎの時刻表ダイヤ(金沢方面、名古屋方面)の情報を掲載しています。平日ダイヤ・土曜ダイヤ・日曜・祝日ダイヤを掲載。日付指定して時刻表を検索することも … 特急しらさぎは、名古屋駅から東海道本線米原駅経由で北陸本線金沢駅まで向かう特急です。 米原駅で併結・解結作業が行われることがあります。 車両は681系・683系が使用されており、新幹線には及ばないものの快適な座席です。 特急「しらさぎ」では関ヶ原~米原間で伊吹山が見えます。 特に冬には雪をかぶったきれいな伊吹山を見ることができます。 伊吹山を見るには「a席」がおすすめです。 しらさぎには飲み物の自動販売機がある しらさぎ 号 名古屋・米原→金沢・富山・和倉温泉 683系 ↑北陸本線・富山駅にて(2005-12) - 特長: 名古屋始発の列車は、米原で進行方向が変わります。 [座席情報(米原発の列車基準)] 進行方向左側がa席です。先頭が1号車。 「しらさぎ」号料金表 (上段:運賃、下段:指定席特急料金) 駅名 名古屋 岐阜 米原 敦賀 福井 芦原 温泉 金沢 4430 2900 4000 2900 3020 2680 2270 2350 1320 1700 970 1700 小松 4000 2900 3350 2680 2590 2350 1940 2350 840 米原で新幹線からしらさぎに乗り換える方法については、こちらの記事「米原で新幹線からしらさぎに乗り換え!特急券は?ex-ic?」で紹介しています。先日、しらさぎに乗りかえて敦賀まで行き、いくつか新たに体験したことがありましたので、さらに紹介し 米原でしらさぎから新幹線に乗り換え! 先日、敦賀からの復路は、そのまま逆経路で特急しらさぎに乗り、米原で新幹線ひかりに乗りました。ほとんどの方は、特急しらさぎに乗るためにある程度時間に余裕をもって駅に到着しているでしょう。 金沢から米原までの電車の運賃・料金を案内。ICときっぷ、片道・往復で表示。交通費の精算や旅費の計算に便利。 関連サービス 「金沢駅」から「米原駅」乗り換え案内 「金沢駅」から「米原駅」終電検索 「金沢駅」から「米原駅」始発検索